管理人のプロフィール

管理人のプロフィール

 

筋トレが趣味の45歳のサラリーマン大家です。終身雇用の崩壊、退職金は無い、年金はあてにならない…という将来の不安から賃貸経営を決意して、40歳でサラリーマン大家デビューしました。

 

現在は東京都市部でアパート1棟を経営しており、黒字で運営できてます。今後は、アパートよりも管理が安くて楽な駐車場経営にも乗り出すために現在、情報収集中。


 

はじめまして、管理人のアキです。

 

当サイトは、これから賃貸経営をしたい!という方に向けて私の経験、知識を少しでも役に立てばという考えで運営しています。まだまだ、新米のサラリーマン大家ですが、その分、情報収集には余念が無いですし、何よりも慎重です。

 

やはり賃貸経営をする以上、失敗は許されない!という気持ちで僕は望んでいます。だからこそ、アナタに伝えれることがあると思うので、是非活用してください。

 

私の経験上、未経験者が賃貸経営を成功させるには、いくつかの条件があると思ってます。

 

 

1、とにかく比較をして、出てきたプランの根拠を聞く!

 

 

2、とにかく異常なまでに慎重になるべし!

 

 

3、わからないことはとにかく相談!

 

 

4、周辺環境のリサーチは徹底的に行う!

 

正直な話、賃貸経営自体は、建物を建てて入居者を入れて家賃を貰う!という非常にシンプルなスキームなので、難しいポイントは無いんです。

 

でも、入居者が少ないっていう問題に直面をするのは周辺のリサーチ不足です。私は、経験、知識が無い分だけ、素人でもできる部分に力を入れました。周辺環境のリサーチって素人でもできるじゃないですか?

 

近くに何があるのか?、家賃相場は?、主に契約する人は誰なのか?と契約者をあるぼんやりと特定が出来れば、家賃も決めやすいし、「この部屋にしたい!」って決め手も用意しやすいじゃないですか。

 

 

これは、経験、知識のある大家さんが何となく自然にやっている事であり、新米大家の場合は、これをとにかく丁寧にやるのが必要だと感じたんです。結果、契約者目線になる事で、契約される賃貸経営ができるワケなんです。

 

もちろん、僕の意見と業者の意見が衝突するときもありますが、しっかりと説明をすると業者側も「あぁ〜、なるほど!では、こうしたらもっといいのでは?」と建設的な相談になるんです。この建設的な相談も賃貸経営をする上ではとても重要になります。

 

賃貸経営って借り手がいて成り立つモノなので、絶対に初心を忘れないのが重要になります。

 

 

話がそれましたが、こんな感じで賃貸経営をスタートしたい人を応援しいるサイトなので末永くお付き合いください。